« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月28日 (土)

現地3/29①

一睡もできませんでした…つまり完全に徹夜したと同じこと…
若かりし日でさえ徹夜経験無し…
体力無くなって、せっかくの旅行が台無しにならないか…不安になって参りました…

朝になってもなかなか明るくならないパリの朝…ますます不安に…

この日は午前中に半日市内観光を申込んでおり、集合場所のパリルック前まで行かねばならない…

中心地からかなり遠めのホテルに当たってしまった私達。まず、きちんと集合場所まで行けるのか、超不安…

娘は平気みたいだけど、特に私が…
これがまた眠れない原因なのでした…

ホテルからの最寄り駅であるポルト・ディブリーからメトロ7号線で、ショセ・ダンタン・ラ・ファイエットまで

ホテルからメトロまでの道は前日に教えてもらっていたので助かりました。
10分位かかると言われたけど、意外に近かった。

1時間みておけば余裕よね…と出かけたけど…

メトロ回数券カルネを買うのに想定外の時間がかかりました。
有人窓口では直接カルネを買えると本にあったけど、窓口のおばさん、何もしてないのに、機械で買えとふてぶてしい態度……少しフランス人のイメージダウン
手間取りながらも、フランス語を英語に変換して娘が何とかカルネゲット

その時隣りの機械では、同じく買い方のわからないイケメン若い男性に、私達には冷たかった窓口おばさんが、なんと機械の使い方を教えている……
さらにイメージダウン
しかし行かなくちゃ私達!!

が、カルネ自動改札通過失敗(>_<)
先に通過した娘の呆れた視線…

回数券1枚無駄にしました…

目的地メトロ駅までは思ったより遠くて、出口を必死で探してオスマン大通りに何とか出て、よくわからんけど、バスが止まっている所に走っていったら…
あ〜〜正解でした。時間は集合時間ギリギリ…私達が最後でした(^_^;)

良かった…たどり着けた…
さあバスの旅始まり始まり…

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

現地3/28回顧

現地3/28回顧
アチャ〜はや5月も後半に…

長女の出勤、次女も大学が4月末より始まり、息子の予備校生活と…

やっとペースが出来てきたでしょか
ツナもまずまず本来の調子を取り戻し…
ほんとに忘れてしまわないうちに回顧録頑張らねば…

はい、完全にフランスにかぶれております。
先日のNHKで歌声を聴いてノックアウトのZAZのCDを速攻買い。この所買うのはほとんどクラシックで、フランス人の歌うCD買うのは、小学生か中学生の時に買った、ミッシェル・ポルナレフ以来か…
はい、勿論レコードです(^_^;)

回顧

パリは丁度夏時間にチェンジ。日本が七時間先行となりました。

韓国での待ち時間があったりで、現地時間で確か夜7時半位に空港に到着。

何にもない所だなあ〜と思ったら、みんなが列車のような物に乗って移動を始めた…何だこれ?着いてからのこと調べてなかった!
ウロウロしてたら、日本の女性が、これに乗って移動するんですよ。止まったら降りて下さい。
はい、わかりました。
スーツケースを取ってやっと出口へ。
H.I.Sの方が待っててくれました。
私たちを含めて3組合同でワゴン車に乗り、ホテルまで送迎してくれます。

空港付近は何だか街並みが日本と変わらぬ感じで、イケアがあったり、サッカー場があったり

送迎車の中で、係りの女性の方が色々滞在に関する心得みたいな事を教えてくれて、助かりました。

オペラ地区でひと組下車。遠くのホテルが当たってしまった私たち残り2組は、係りの女性がチェックインの手伝いから戻るのを待ち…
送迎車発車。夜になってもまだまだ明るいパリ…
それでもだんだん暮れてきて、セーヌ川沿いを走った時には街並みの美しさにうっとり☆
ほんとに美しいですね
なんだかんだでホテルに着いたのは9時過ぎだったような…
ホテルはまあこんなもんでしょ。どうせ寝るだけだもん。オッケーオッケー。

チェックインもお任せで楽チン楽チン。
しかし明日からは自分たちで行動だ!頑張れ私達!

お休みなさい。

しかしこれがまた寝られないんだ。私…旅行に向いてないのだろか…

続く…

ZAZ…ジャンルはシャンソンになるのだろうけど、ポップスのようでもあり、フォークソングのようでもあり
なかなか良いです。でもモンマルトルで歌っていたライブ映像がやっぱり1番かな。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

回顧3/28②

回顧3/28②
回顧録もひと月を越すとだんだん記憶が曖昧に…
最近ツナの調子がイマイチで余計にバタバタと…

続き
飛行機に乗るのは実に15年ぶりで…
前回はグアム家族旅行で短いフライトだったから、今回の12〜13時間のフライトに自分が耐えれるのか実は不安でありました…
お誕生日おめでとうございますと言われ、徐々に気分はアゲアゲ、飛び立つと同時にマックスに達し…
文庫本を一冊読み終え、ランランのショパンのピアノ協奏曲1.2番を聴きながら、持参したガイドブックを眺めたものの、睡魔は訪れず、ここで映画に切り替え、ソーシャルネットワーク、ハナミズキと立て続けに2本見たけど、さらに気分は加速↑
ただ1人ギンギンの世界へ…
長かった……遠かった……
途中から画面をフライトマップに変えて、果てしなく広いシベリア大陸の地図を見つめ続けながら、やっとこさの思いで、結局一睡もできずに到着したのでした…

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »